【岡部孝信の目】小林陵侑の総合Vはテニスの生涯グランドスラムやゴルフのマスターズで勝つようなもの

W杯スキーの日本勢個人総合優勝者
W杯スキーの日本勢個人総合優勝者

◆W杯スキー(10日、オスロ)

 ジャンプ男子はノルウェーのオスロで個人第23戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、小林陵侑(22)=土屋ホーム=が同種目の日本勢初となるW杯個人総合制覇を決めた。127メートル、126メートルの合計250・1点で5位となり、5戦を残し総合2位のストッフ(ポーランド)に逆転される可能性がなくなった。W杯発足から40季目で、欧州勢以外の王者誕生も初となる日本ジャンプ界にとっての歴史的快挙。22年北京五輪の金メダル最有力候補に躍り出た。

 * * * *

 まずは本当におめでとう、よくやってくれた。これで日本も実力があるということを各国にも示せた。他のスポーツで言えば、テニスで4大大会を制覇する生涯グランドスラムや、ゴルフのマスターズで日本人が勝つようなものだろう。トップで戦うプレッシャーもかかる中、精神的にもタフな面を見せてくれた。陵侑を目標にして他の選手が頑張ることで、日本全体の底上げにもなる。これからもトップを走り続けてほしい。

 総合チャンピオンを取ったことで、北京五輪の金メダルにも一番近いと示せた。ただ、ワンポイントで五輪に調子を合わせるのは難しいこと。シーズントータルで力を発揮する上で、まだフィジカル面で課題もある。強さが足りない中でもこの結果を出せているわけだから、この先は、もっとパワーを出したり、日々向上してより五輪本番を迎えられるということでもある。日本代表チーム全体で、どんなスケジュールで強化するかなども重要になってくる。

 五輪に向けてポイントになるのが、来季、19―20年シーズンの過ごし方だ。4年に1度、五輪も世界選手権も開催されず、W杯に専念する年。精神的にも余裕を持ってトレーニングできるし、ジャンプの技術で気になる部分を試合で試すこともできるはずだ。一番は、けがをしないこと。バランス良く、脚や体幹だけに特化せずに全体的に鍛えていくことも必要になるだろう。(98年長野五輪団体金メダリスト、雪印メグミルク・スキー部コーチ)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請