ボートレース戸田【SGクラシック開催まであと5日】遠藤が女子トップ級の旋回力を見せつける

レディースオールスター優勝戦で3着に入った遠藤。好調をキープしたまま戸田にやってくる
レディースオールスター優勝戦で3着に入った遠藤。好調をキープしたまま戸田にやってくる

 今大会に女子は山川美由紀、中谷朋子、長嶋万記、遠藤エミ、松本晶恵の5人が参戦する。2年連続3回目の出場となる遠藤は、昨年6度の優勝。直前の児島G2レディースオールスター(AS)では優出を果たした。4号艇の優勝戦はスタートで最も出遅れたが、追い上げて3着だった。戸田は昨年10月の開設62周年記念で走ったばかり。「まずは予選突破を目指したい」と男子選手とも引けを取らない女子トップレベルの旋回力で存在感を示す。

 昨年5Vの長嶋は3年連続3回目の出場。これでSGは通算10度目だ。「年末から調子が良くない。最近はエンジンとかではなく、ペラを合わせ切れていない」。ファン投票2位のレディースASも1着は最終日のみといまひとつリズムが悪いが、17年の児島大会では初めて準優勝戦に進出した思い出の大会。爪痕を残したい。

 中谷は昨年10月の蒲郡ダービーでSG初出場。6Vでクラシックは初参戦となる。前回のレディースASは準優勝戦でイン遠藤を破って優出した。2度目のSG挑戦で水神祭を目指す。

 松本は昨年末に平和島で行われたG1クイーンズクライマックスで史上初2度目の大会制覇で出場にこぎつけた。SGは今回で6回目。18年5月尼崎オールスターでは予選突破を果たした。当地3優出の実績はいずれも男女混合戦。レディースASは3連勝で締めた。

 6年ぶり9回目の出場は山川。昨年7月に開催されたG1桐生レディースチャンピオンを制した。SGは14年5月の福岡オールスター以来、当地は昨年2度走って12月のAレディースで優出している。老練なハンドルさばきを披露する。

(平田 裕二)

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請