鹿島・内田のゲキ、永木の怒り、伊藤の逆走 伝統受け継ぐ三十路トリオのリーダーシップ

鹿島FW伊藤翔
鹿島FW伊藤翔

◆明治安田生命J1リーグ▽第3節 鹿島1―0湘南(9日・カシマスタジアム)

 鹿島は湘南を1―0で下し、今季リーグ戦3試合目で初勝利を挙げた。後半13分にDF安西幸輝が巧みな切り返しから決勝点。終盤は1人少ない湘南の捨て身のカウンターに苦戦したが、今季公式戦初完封で勝ち点3を獲得した。

 目を見張る光景だった。鹿島1点リードの後半34分、鹿島のゴールキックの場面。GK権純泰(クォンスンテ)が時間をかけてボールをセットしているのを確認したFW伊藤翔が突如“逆走”した。守勢の展開が続き、肩で息をするDF犬飼智也、DF町田浩樹のもとへ猛然とダッシュ。右サイドから駆けつけた主将のDF内田篤人とともに、身ぶり手ぶりを交えながら若いセンターバックコンビにアドバイスを送った。「守備のところで、外から中に入ってくる相手選手がいたので、そこの対応を確認しました」と伊藤は振り返った。味方への助言のために、わざわざ最前線から最終ラインまで駆け寄るFWは初めて見た。

 前半34分、MF安部裕葵の負傷で一時的にプレーが止まると、内田と伊藤が集まり、話し込む場面が見られた。2人は納得顔でその場を離れると、内田は安西幸輝へ、伊藤はMFレオシルバへ修正事項を共有した。

 ハーフタイムには、内田と副主将のMF永木亮太が中心となり「(相手の退場で)1人多くなったからこそ守備を第一に」と声を掛け合ったという。リード時にそういった声が出るなら分かるが、前半終了時は0―0。2人の経験値の高さが感じられる。

 永木が湘南MFに突き飛ばされ、鬼の形相で相手に詰め寄るシーンもあった。逆サイドから内田も怒りの輪に加わった。相手にとっては怒りに映るだろうが、チームメートにとっては闘志にも映る。1番に駆けつけたMFレオシルバが仲裁役に徹していたこともあり、なだめ役を逃れた内田の“加勢”は、ある種の味方へのアピールに近いものもあったのではないだろうか。

 学年は違うが、3人はともに30歳。MF小笠原満男氏が昨季限りで現役を引退したが、湘南戦の90分だけを切り抜いても、ベテラン勢の存在感は抜群だった。連戦中の現在はACLグループのゲーム主将に回っているMF遠藤康(彼もまた30歳)、ともに日本語で指示を出せるGK権純泰、MFレオシルバもいる。誰よりも勝ち方を知る小笠原が抜けた穴は、経験豊富なベテラン勢の力を結集させて埋めていく。(岡島 智哉)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請