びわ湖マラソン8位の川内優輝と11位の河合代二が世陸出場へ MGCは回避

川内優輝
川内優輝

◆第74回びわ湖毎日マラソン(10日、滋賀・大津市皇子山陸上競技場発着=42・195キロ)

 20年東京五輪マラソン代表選考会(MGC、9月15日)シリーズ最終戦とカタール・ドーハ世界陸上選考会を兼ねて行われ、2時間9分21秒で日本人2位になった川内優輝(32)=埼玉県庁=と、2時間10分50秒で日本人4位になった河合代二(27)=トーエネック=がドーハ世界陸上男子マラソンに出場することが決定的となった。ドーハ世界陸上の男子マラソンは10月5日。そのため、9月15日に行われるMGCは2人とも回避する見込み。

 すでにMGCを獲得している川内は、レース前からMGCよりドーハ世界陸上に意欲を示していた。この日も「ドーハ、ドーハ、ドーハ、ドーハと思いながら走りました」と世界陸上にかける熱い思いを明かした。

 これまでの2時間23分13秒だった自己ベストを12分23秒も更新した河合はMGCを獲得したが、トーエネックの関係者は将来のためにドーハ世界陸上を優先させる考えを明かした。

 レースは気温11度、湿度87%、北東の風1・6メートル、小雨が振る中、スタート。サラエディーン・ブナスル(28)=モロッコ=が2時間7分52秒で優勝した。

 すでにMGC出場権を獲得している山本憲二(29)=マツダ=が2時間8分42秒で日本人トップの7位。埼玉・川口北高時代までサッカー部だった山本浩之(32)=コニカミノルタ=が2時間10分33秒で、MGC獲得選手以外で日本人トップとなり、MGC進出を決めた。山本浩之は東洋大4年時の09年箱根駅伝では2区を走り、東洋大初優勝メンバーに名を連ねた。大学別のMGC進出選手は東洋大が4人で最多となった。

 現時点でMGC進出選手がいない旭化成勢の16年リオ五輪代表・佐々木悟(33)、本田匠(27)市田宏(26)は20キロ過ぎに先頭集団から遅れ、今回もMGC出場権を獲得できなかった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請