センバツ注目の星稜・奥川が初登板で147キロ 4球団のスカウトが熱視線

147キロをマークした星稜・奥川(カメラ・勝田 成紀)
147キロをマークした星稜・奥川(カメラ・勝田 成紀)

◆練習試合 小松8―3星稜(9日・星稜高グラウンド)

 第91回センバツ高校野球大会(23日から12日間、甲子園)に出場する星稜(石川)が、対外試合解禁後初の練習試合で小松(石川)と対戦した。今秋のドラフト1位候補の奥川恭伸投手(新3年)が先発。3回を投げて2安打、1失点(自責は0)に抑え、最速147キロをマークした。

 中日、ロッテ、楽天、西武の4球団のスカウトが見守る中、奥川はスライダーは封印し、直球を中心に組み立てた。初回に安打、死球で2死一、二塁とすると、味方の失策で1点を失い「バランスはまあまあだったが、指のかかりが悪かった」。147キロを計測していたが「そんなに出ていたのかという感じです」と苦笑した。

 ベストの状態と比較し「今日の調子は半分くらい」と分析。4回からは右翼の守備に回り、5番打者として6回に中前打を放った。石川県勢初の全国制覇を目指すセンバツへ向け「昨年の出だしよりはまあまあ(球も)来ていた。センバツに向けては大丈夫だと思います」と手応えも口にした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請