【巨人】原監督、菅野に「抑えるのは簡単ではないということ」

巨人先発の菅野
巨人先発の菅野

◆オープン戦 オリックス7―1巨人(8日・京セラドーム大阪)

 巨人の原辰徳監督(60)は8日、オリックス戦(京セラD)の試合後、先発して4回9安打6失点だった菅野智之投手(29)について「やっぱり精度じゃないのかな。まあそう簡単にはやっぱり。抑えることっていうのは簡単ではないということだよね。本人がそれをまた自覚すればいいでしょう」とコメントした。

 炭谷とのバッテリーについて原監督は「2人の防御率というのはあまり良くないね、確かにね。しかし、それは本人たちがまたしっかりとコミュニケーションしながらね、というところでしょうね」と話した。

 この日は小林が侍ジャパン合流のため不在。阿部は試合終了まで球場にはいたが、試合前のシートノックに入らず欠場。実質、控え捕手が大城だけという状況で炭谷がフル出場した。原監督は阿部について「コンディションは良くないというところでしょうね。だからノックにも出られなかったということですね」とし、明日9日のオリックス戦(京セラD)は当日の様子を見て判断するとした。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請