【林家三平のドームすいません】ヤクルトもカープも強そ~

那覇キャンプで巨大パネルの原監督とグータッチする三平
那覇キャンプで巨大パネルの原監督とグータッチする三平

 2月、プロ野球のキャンプを見に沖縄へ行ってきました。巨人キャンプ訪問の合間を縫って、ヤクルトと広島のキャンプも見に行ってきました。

 ヤクルトの浦添キャンプに行った時は、内野手全員、宮本コーチらから千本ノックを受けていました。これがすごい。速射砲のように短い間隔でノックを打ちまくり。しかも打球を左右に振るものですから、みんな倒れ込みながら捕球していて、ユニホームはどろんこ。山田哲人さんのようなバリバリのレギュラーも例外ではありません。

 それが終わったら休憩時間もほとんどないまま、みんな横一列に並んで、トスを上げた打球を外野へ向かって打ちまくり。「ロングティー打撃」という練習だそうです。外野がみるみる白球で埋まっていきます。

 浦添の球場は、三塁から左翼の後方に崖があります。「ダー!」「オリャー!」と叫びながら息も絶え絶えにバットを振る選手を見ながら「これがホントの崖っぷちだ」などと言ってる場合ではありません。2、3日の巨人・ヤクルト戦(東京ドーム)では、ヤクルトの若手選手の思いきりのいいバッティングが目立ちました。今年のヤクルトは、きっと手ごわい。

 広島のキャンプも見に行きました。目当てはもちろん、長野選手です。韓国・KIAと練習試合の日でした。「3番・DH」で出てしっかりヒットも決めていました。赤いユニホームが想像以上に似合っていて、巨人時代と変わらぬ笑顔にも安心しました。試合では、堂林選手、メヒア選手、そして荒川区出身で知られる鈴木誠也選手が次々とアーチをかけました。今年のカープも強そ~。

 巨人の選手もみんな練習熱心した。丸選手は職人気質。ひたすらボールを打ち続け、自分の打撃フォームを追求している感じ。そして我らが岡本選手。とにかくデカい。去年よりさらに体が一回り大きくなったように見えます。今年も30本以上のアーチをかけてほしい。

 こうしてみなさんの練習を見ていると「自分もしっかり稽古しないと」と身が引き締まるんです。でも、オリオンビール飲んだら、すぐに忘れちゃう。そんな沖縄の3日間でした。

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請