【阪神】原口、大腸がん公表後初めてチームに合流「感謝の気持ちでいっぱい」

リハビリを終え会見に応じる原口(カメラ・谷口 健二)
リハビリを終え会見に応じる原口(カメラ・谷口 健二)

 大腸がんからの復帰を目指す阪神・原口文仁捕手(27)が7日、術後初めてチームに合流。兵庫・鳴尾浜の室内で汗を流した。

 甲子園で矢野監督ら1軍の選手、関係者らにあいさつした後、午前10時過ぎに鳴尾浜へ。ユニホーム姿で報道陣の取材に応じ、「本当にうれしい気持ちです。たくさんの方に支えられ、助けていただいて、お世話になって、今日が迎えられることに感謝の気持ちでいっぱいです」と頭を下げた。

 原口は1月24日に自身のツイッターアカウントを開設し、大腸がんであることを公表。同31日に手術を受け、2月6日には退院したことを明かしていた。今後はリハビリを続けながら、今季中の1軍復帰を目指していく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請