【日本ハム】右手有鈎骨骨折の清宮が5日に手術 栗山監督「早く帰ってきてくれるはず」

清宮の手術が決まった
清宮の手術が決まった

 4日に右手有鈎(ゆうこう)骨の骨折と診断された日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が5日、手術を受けることが決まった。この日、千葉・鎌ケ谷スタジアムで行われた1軍練習で栗山英樹監督(57)が明らかにし、「確実に早く帰ってきてくれるはず」と話した。

 清宮は3日のDeNAとのオープン戦(札幌D)で負傷交代。4日にはトップチームに初選出されていた「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」(9、10日・京セラD)の辞退していた。3月29日の開幕戦(対オリックス・札幌D)の出場も絶望的だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請