村地、4連続KO狙う!…5・19静岡・富士でプロボクシング 

会見した4選手。左から村地、市川、堀池、舟山
会見した4選手。左から村地、市川、堀池、舟山

 静岡・駿河男児ボクシングジムは4日、富士市内で会見を開き、5月19日に同市の「ふじさんめっせ」で行う大会の概要を発表した。中日本新人王トーナメントを含む10試合を予定しており、後半に出場する4選手が意気込みを語った。

 舟山大樹(25)=帝拳=は東京でボクシングを始める前は富士市内の大学に通っており、「友だちも多いんです」と地元での試合を歓迎した。セミファイナルに登場する堀池雄大(34)=帝拳=も「12月に長男が生まれたので気合が入ってます」と、パパとしての初戦を見据えた。

 注目は第8試合に出場する村地翼(22)=駿河男児=だ。昨年5月のデビュー戦からKOで3連勝中。今回の相手、レモンド・タブゴン(フィリピン)はWBOアジアパシフィックランキング7位の強敵だが、「やりがいがある。1月末にフィリピンで1週間修業してきました。後半に倒して勝つイメージはできています。1番面白い試合をしたい」と自信をのぞかせた。

 そんな村地の言葉に刺激を受けたのが、メインを務める市川大樹(23)=駿河男児=。相手は日本ランカーの杉田聖(奈良)だが、「負ける気はしない。(村地)翼より目立ちます」と快勝を宣言していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請