【広島】床田&野村、巨人・丸に宣戦布告「厳しく投げ込んでいけたら」

キャッチボールで調整する床田
キャッチボールで調整する床田

 広島の床田(とこだ)寛樹(24)、野村祐輔(29)両投手が4日、巨人・丸に宣戦を布告した。巨人との2連戦に備え、本拠地で投手指名練習に参加。5日に先発する床田は「一流というかすごい打者。どこまで通用するか試したい」と意気込めば、6日に登板する野村も「楽しみですけど、どうにかして抑えたい」と闘志を燃やした。

 開幕ローテ入りを目指す左腕の床田は17年夏に左肘手術を受け、昨季は1軍登板がなかった。3年目の今季はキャンプから左打者への内角攻めをテーマにツーシームを磨いてきた。「丸さんは幅をしっかり使わないと抑えられない。攻める時は攻めて、厳しく投げ込んでいけたら」と胸元を果敢に突く覚悟を明かした。

 丸と同い年の野村は、投打の主力としてともにリーグ3連覇に心血を注いできた。ニュースなどで見かける巨人のユニホーム姿について「似合っていますよね」とニヤリ。「打率も残すし、本塁打もたくさん打つ。そう簡単に抑えるのは難しいけど、自分の持ち味を出していくしかない」と全力投球を誓った。

 チームにとっても29日からの開幕カード(マツダ)の前哨戦となる。佐々岡投手コーチは具体的な丸対策について「まだですね。今は投げる投手が結果なり、内容を求めて必死に抑える時期。(打開策は)その後になる」と話したが、データや傾向を分析する情報戦も本格的な幕開けとなりそうだ。(表 洋介)

 ◆床田 寛樹(とこだ・ひろき)1995年3月1日、兵庫・尼崎市生まれ。24歳。小学1年から野球を始め同4年から投手。大阪・箕面学園高では甲子園出場なし。中部学院大では1年春から登板し、岐阜学生リーグ戦通算22勝。2016年のドラフト3位で広島入団。17年にプロ初勝利を挙げるも同年7月に左肘を手術し、昨季は1軍登板なし。1軍通算3試合で1勝1敗、防御率5.19。181センチ、85キロ。左投左打。年俸650万円。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請