中大の堀尾謙介が学生初のMGC獲得 大迫傑は途中棄権 東京マラソン

日本人トップの全体5位でゴールする堀尾謙介(カメラ・宮崎 亮太)
日本人トップの全体5位でゴールする堀尾謙介(カメラ・宮崎 亮太)

◆東京マラソン(3日、東京都庁スタート~東京駅前ゴール=42・195キロ)

 男子は、中大4年の堀尾謙介(22)が2時間10分21秒(記録はいずれも速報値)で日本人トップの5位に入った。途中まで現中大監督の藤原正和が2003年のびわ湖毎日でマークした初マラソン日本最高&日本学生記録(2時間8分12秒)の更新も視野に入れた大健闘で、学生として初めて20年東京五輪マラソン代表選考会(MGC、9月15日)の出場権を獲得した。4月からトヨタ自動車に入社する183センチの大型ランナーが東京五輪代表争いに名乗りを挙げた。

 箱根駅伝5区で活躍し「初代・山の神」と呼ばれた今井正人(34)=トヨタ自動車九州)が2時間10分30秒で日本人2位の全体6位、藤川拓也(26)=中国電力=が2時間10分10分35秒で日本人3位の全体7位となり、MGC進出を決めた。

 16キロ過ぎで第2集団から遅れる苦しい展開から盛り返した神野大地(25)=セルソース=は2時間11分5秒で日本人4位の全体8位。ワイルドカード(期間内の上位2レースの平均が2時間11分以内)でMGC出場権を獲得した。同じくワイルドカードでMGC進出を目指した一色恭志(24)=GMOアスリーツ=は2時間12分21秒で4秒及ばなかった。

 男子のMGC獲得選手は今回の4人と合わせて計28人。青学大出身選手は、藤川と神野が加わり、計3人となり、大学別出身で東洋大、駒大とともに最多に並んだ。

 優勝はビルハヌ・レゲセ(24)=エチオピア=。冷たい雨が降る中、2時間4分48秒の好記録で走破した。序盤、自らが持つ日本記録(2時間5分50秒)を超えるハイペースで飛ばした大迫傑(27)=ナイキ=は約29キロで途中棄権した。

 女子は、世界歴代8位(2時間18分34秒)の自己ベストを持つルティ・アガ(25)=エチオピア=が2時間20分40秒で優勝。初マラソンの新鋭一山麻緒(21)=ワコール=が2時間24分33秒で日本人トップの7位に入ったが、惜しくもMGC出場権獲得には33秒及ばなかった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請