【巨人】坂本工と支配下契約「ここからが本当のスタート」「練習はウソをつかない」

会見で新しい背番号「58」のユニホームを披露した坂本工
会見で新しい背番号「58」のユニホームを披露した坂本工

 巨人は2日、育成の坂本工宜投手(24)と支配下選手契約を結んだと発表した。年俸は420万円、背番号は「58」に決まった。練習姿勢もさることながら、今春キャンプの実戦で結果を残したことが評価された。関学大の準硬式野球部出身という異色の経歴から背番号2ケタを勝ち取った右腕は「ここからが本当のスタート。今の気持ちを忘れずにやっていきたい」と決意を新たにした。

 坂本工が「支配下契約」という“夢へのチケット”をつかんだ。会見では喜びをかみしめるように、ゆっくり、はっきりと思いを言葉にした。

 「地道な練習や何くそという気持ちがあったから支配下になれたと思う。目標、目的意識を持っていれば成果が出るんだなということ、練習はウソをつかないということもよく分かりました。正直、遊びたいなという時もありましたけど、それにも耐えたから今があると思っています」

 関学大の準硬式野球部から17年に育成ドラフト4位で入団。周囲からは“異例の経歴”と言われがちだが、本人はプラスに捉え、やる気を奮い立たせてきた。

 「僕はマイナスだと捉えたことはない。前例がないので、やってやろうという気持ちは人一倍、強かった。指導者の方から『異色の、裏道街道を通って来たやつが、王道を倒すことほど面白いもんはないぞ』って言われたことが印象に残っています。準硬式からでも通用することを今後、見せていけたらと思います」

 会見の冒頭、石井球団社長はファームスタッフから届いた坂本工についてのリポートに「毎日の行動、言動、顔つき、真剣さは殺気すら感じる」と書かれていたことを明かし「彼には頑張ってほしいという思いをみんなが持っている」と激励のメッセージを贈った。

 背番号「58」という新たなユニホームに袖を通し、真っすぐ前を見つめた右腕。

 「まだスタートラインに立っただけだと思います。ここからが本当のスタート。ここまでやってきたこと、今の気持ちを忘れずにやっていきたいです」

 この瞬間からが真の戦いの始まりだ。(玉寄 穂波)

 ◆坂本 工宜(さかもと・こうき)1994年8月19日、滋賀・高島市生まれ。24歳。関西学院高では外野手。関学大準硬式野球部で投手に転向し、4年春に最多勝、最多奪三振、MVP。16年育成ドラフト4位で巨人入団。昨季は2軍で23試合3勝4敗、防御率4.85。176センチ、82キロ。右投右打。年俸420万円。背番号「58」。

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請