東広島、5回に勝ち越し2年連続出場決めた!…第49回春季全国大会広島県・山陰支部予選

2年連続出場を決めた東広島ナイン
2年連続出場を決めた東広島ナイン

◆第49回春季全国大会広島県・山陰支部予選 ◇小学生の部▽決勝 東広島ボーイズ5―1鳥取ボーイズ(23、24日・白竜湖公園多目的広場ほか)

 「第49回春季全国大会」の支部予選決勝が行われ、広島県・山陰支部(小学生の部)は東広島ボーイズが鳥取ボーイズを下し2年連続の出場を果たした。

 東広島が2年連続で全国大会出場を果たした。鳥取との決勝戦。1点を追う3回、四球と相手のエラーで1死一、三塁と好機を膨らませ、山城の中犠打で同点に追いついた。

 4回は後藤が左前安打で出塁。三進するも下位打線が機能せず無得点。しかし5回に、相手投手の乱れから一気に流れを呼び込んだ。無死一、三塁からバッテリーミスで勝ち越すと石原が「決めてやろうと思っていた。真ん中高めのボール、コーチからバットが下から出ているから上から叩けと言われ、その意識もあった」と中前に2点適時打を放つ。盗塁とエラーで三進後は、和田の左前打でこの回4点目のホームを踏んだ。

 森兼監督は「投手がよく頑張った。一からチームをつくり直した。夢ですけど全国制覇したい」と思いを語り、石田、後藤、芳村の継投に満足そう。主将の松浦は「みんなの力が発揮できた」とムードメーカーとしてベンチを盛り上げた。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請