【巨人】5年ぶり先発転向の沢村、ブルペンで109球

ブルペンで熱投する沢村
ブルペンで熱投する沢村

 巨人の沢村拓一投手(30)が28日、ジャイアンツ球場で練習を行い、ブルペンで109球の熱投を披露した。

 沖縄キャンプ終了直前に原監督から5年ぶりの先発転向を言い渡された右腕は「(ワクワクと不安は)半々です。100球投げることって先発の時でもあまりなかった。でも60、70球超えてからの方がいいボールが多かったし、体力の問題に関してはないと感じてます。まだまだ投げられましたよ」と力強く語った。

 キャンプでの最多投球は53球。持ち球もすべて試し、「今は球数投げて体を作っていくことしか考えてないです。勝てるような投球をすることが一番」と意気込んだ。

 1年目の11年は原監督の下で先発として200イニング、防御率2・03とフル回転したタフさを指揮官は知っている。沢村も「ものすごく熱い言葉をいただいたので、その言葉に結果として結びつけられるように一生懸命やるだけです」と覚悟を口にした。

 「出来るか出来ないかじゃない。やるかやらないかの話なんで」と沢村。頼れる剛腕が、5年ぶりV奪回を目指す原巨人の救世主となる。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請