元稀勢の里・荒磯親方が園田競馬場で初稽古

高安(左)が見つめるなか弟子に稽古をつける荒磯親方(中)
高安(左)が見つめるなか弟子に稽古をつける荒磯親方(中)

 大相撲春場所(3月10日初日・エディオンアリーナ大阪)に向け、初めて兵庫・尼崎市の園田競馬場内に土俵と宿舎を構えた田子ノ浦部屋が26日、稽古をスタートさせた。

 レース開催日と一般見学初日が重なったこともあり、初優勝を目指す大関・高安(28)、現役引退したばかりの荒磯親方(元横綱・稀勢の里)をひと目見ようと数百人のファンが殺到した。

 午前10時の競馬場開門とともに、熱狂的なファンが一気になだれ込んだ。向かったのはパドックではなく、ガラス張りの投票所内に作られた土俵。高安が、1月まで現役だった荒磯親方が、激しいぶつかり稽古で汗を流した。ダートコース目の前で、まわしを締めた力士が猛稽古するという珍しい光景に「おおっ~」と、窓越しに感嘆の声は絶えなかった。

 第1レース発走3分前の午前10時52分に朝稽古終了。競馬場広報によると、午前11時の集計で通常の約2倍、1106人が来場し、その全てではないが、入れ代わり立ち代わり見守った。総入場者は2467人で、約800人も増えたという。

 年3回の地方場所で各相撲部屋は稽古場を含めた宿舎を構えるが、競馬場内の土俵は異例中の異例だ。伝統的に部屋ゆかりの寺院、公園、公民館、後援者所有の施設などを間借りすることが多かった。過去には、武蔵川部屋が花園ラグビー場の敷地内に土俵を作って話題になったり、芝田山部屋は今年も、サッカーJ1のC大阪の本拠地・ヤンマースタジアム長居内にあるユースホステルを宿舎として利用している。

 一般見学は初日3日前の3月7日まで続けられる予定。27日にも高安と相撲を取る荒磯親方は「なかなか相撲に触れ合えない人に、少しでも興味を持ってもらいたい。敷地は広いから色々な運動もできる」と前例のない競馬場稽古を堪能した。今後はトークショーなど競馬ファンとの交流プランも温めている。地方競馬と大相撲の異色コラボを春場所の躍進につなげていく。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請