友風が史上4位タイのスピード昇進

友風
友風

 日本相撲協会は25日、春場所(3月10日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付を発表。先場所、東十両4枚目で10勝5敗の好成績を残した友風(24)=尾車=が新入幕を果たした。

 1958年以降、初土俵から所要11場所(幕下付け出し格は除く)での新入幕は琴欧州、阿覧、正代と並ぶ史上4位タイ(1位は常幸龍の9場所)のスピード出世。「まだ実感はありませんが、番付の一番上に名前があるのはうれしかったです。周りから早い(出世)と言われていますが、自分なりにやってきた実感はあります。幕下で壁にぶつかった時もちゃんとやってきました」と自信を込めて言った。

 十両での2場所は自分にも付け人がありながら、兄弟子・嘉風の付け人も務めていた。「間近に接して、いろいろなことを学びました」と友風。新入幕したことで付け人は卒業するが、「近くにいるので、いろいろとお手伝いしながら学んでいきたい」と話した。その嘉風は所要12場所での新入幕だった。「なにかしら抜くことが目標でした。ボクの中では目標達成です」と笑顔を見せた。

 師匠の尾車親方(元大関・琴風)は「これだったら負けないという形を身に付けてほしい。下半身も柔軟だし、脇も硬いから、やはり押し相撲かな」。その尾車親方にはある夢がある。「(自分のしこ名だった)琴風は決して永久欠番ではない。矢後と友風のどっちか? それはわかりません。でも夢があっていいじゃないですか」。同期生の切磋琢磨した競争に期待を寄せていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請