【横浜M】攻撃陣がキレッキレ! 三好ら新戦力も軒並み高評価

前半、横浜M・三好(手前)のボールを奪いに行くG大阪・遠藤
前半、横浜M・三好(手前)のボールを奪いに行くG大阪・遠藤

◆明治安田生命J1リーグ第1節 G大阪2―3横浜FM(23日、パナスタ)

 横浜MはG大阪に3―2で勝利し、開幕戦で勝利を飾った。開始1分で失点したが、その後は攻撃陣が爆発して3得点。川崎から期限付き移籍の東京五輪世代MF三好、新外国人のFWエジガル・ジュニオに移籍後初ゴールが生まれた。守備では終盤にGK飯倉とDFチアゴ・マルチンスの連携ミスが失点につながるなど、課題も露呈した。

 採点は以下の通り

GK

飯倉大樹 5・5

今季も高いポジショニングは健在。連携ミスから失点も

DF

広瀬陸斗 6

時に中盤に加わる難しいポジショニングにも対応

チアゴ・マルチンス 5

パスミスと連携ミスで2失点に絡む。強さはみせたが

畠中槙之輔 6

勇気を持って高いラインを設定し、やりきった

高野遼 5・5

安定した守備とボール回しで、勝利に貢献した

MF

喜田拓也 6

守備で広い範囲をカバーし、こぼれ球を回収した

天野純 6

正確なボールさばきで攻撃に変化を加えた

三好康児 6・5

強烈な左足ミドルで決勝点。狭いスペースでのドリブルもアクセントになっていた

FW

仲川輝人 6・5

キレキレのドリブルは簡単には止まらなかった。同点ゴールも大きかった

エジガル・ジュニオ 6・5

中央で起点となり、巧みなシュートで1ゴール。上々のJデビュー戦だ

マルコス・ジュニオール 6

ブラジル人らしい技術の高さでチャンスに絡んだ

途中出場

MF遠藤渓太 5・5

MF大津祐樹 時間短く採点なし

FW李忠成 時間短く採点なし

ポステゴグルー監督 6・5

攻撃的なスタイルで3ゴール。守備でミスは出たが、上々のスタートだろう

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請