【阪神】矢野監督・高橋由伸氏対談2 矢野監督「岡本くんに負けない4番を育てたい」

スポーツ報知
高橋由伸・スポーツ報知評論家(右)のインタビューに応える矢野燿大監督(カメラ・渡辺 了文)

 阪神・矢野燿大監督(50)と巨人前監督の高橋由伸氏(43)=スポーツ報知評論家=の対談がこのほど、阪神キャンプ地の沖縄・宜野座で実現した。互いに監督を引き受けた理由や、現役時代の思い出話を披露。矢野監督は巨人・岡本のような「日本人4番」の育成にも意欲を燃やした。(取材・構成=水井 基博、長田 亨)

 * * *

 由伸氏(以下・由)「監督をしている時からの印象とすれば、阪神には非常にいい若手がいる。でも、もう一歩抜けきれなかったり、競争の中でなかなか出てこなかったり。そういう選手が出てくれば楽しみだな、と思ってずって見ていました。才木投手や望月投手は球が速くて。こういう選手たちがこのまま伸びたら、本当に脅威だなと思っていましたよ」。

 矢野監督(以下・矢)「うれしいですね。お世辞じゃない?(笑い)」

 由「お世辞じゃないですよ。その中で今シーズンのカギを握るのは、藤浪投手だと思っています」

 矢「底は抜けたという手応えは、僕も見ていて感じます。彼によく言うのは『いい顔で野球やろうぜ』ということ。極端に言えば、四球を3つ出してもまだ1点を取られていない。1個出しても『次、次』。2個出しても『まだいけるよ』って。何とかいい顔で野球をやってくれれば…という思いはあります」

 由「彼がどのくらい投げられるかで、チームも変わってくるんじゃないかと。野手では新たにマルテが加わりましたね」

 矢「マルテに関しては、いい意味で期待値を上げすぎないようにしています。負担をかけすぎないようにというか、それぐらいの感じで状態を見ていきたい」

 由「僕も新外国人に過度な期待をするのはなかなか(難しい)と思います。生え抜きというか、日本人で主軸はつくりたいですね」

 矢「毎年、外国人で主軸が入れ替わると、チームが安定しない。結果的にマルテが4番を打っている可能性もありますけどね。ジャイアンツの岡本くんもそうですけど、やっぱり日本人選手の4番がいれば、チームは安定する。何とか大山とか、岡本くんに負けないような4番を育てていきたいなと思ってますけどね」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×