【広島】福山市政財界が激励 カープ柄のご当地ナンバーもPR「ぜひ福山に移住して頂けたら」

福山市・枝広市長(真ん中)から広島・緒方監督(左)に広島とコラボした図柄入りの福山ナンバーが贈られた
福山市・枝広市長(真ん中)から広島・緒方監督(左)に広島とコラボした図柄入りの福山ナンバーが贈られた

 広島・福山市政財界の関係者が22日、カープの沖縄キャンプを訪問し、激励品の差し入れを行った。緒方監督に目録を渡した枝広直幹福山市長(63)は「チームも年々強くなっているし、今年は人数を増やして激励に来ました。力強いカープを見せてもらって、4連覇を目指して頂きたい」と3連覇中の王者にさらなる期待を寄せた。

 枝広市長は贈呈式の中で、大人気となっているカープ柄のご当地ナンバープレートを紹介。現在、交付されている41地域の中で、NO1の7000枚が発行されたという。熊本県のくまモンのデザインをしのぐ枚数が出ている。「昨年10月から始めたのですが、このナンバーをつけて、みんなでカープを応援しようという雰囲気になっている」と説明した。

 福山ナンバーをつけるには、福山市、尾道市、三原市などの近隣に在住することが条件。1万円前後の交付手数料、寄付金を支払えば、手に入れることが可能となる。現在は広島だけでなく、全国のカープファンからナンバープレートの交付を要望する声が出ているという。枝広市長は「そういった方はぜひ福山に移住していただけたらありがたいですね」と冗談交じりに、活性化を願っていた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請