【阪神】掛布SEAが2軍キャンプで育成新人の片山を熱血指導 ドラフト2位の小幡も絶賛

2軍キャンプを訪問し、片山にアドバイスを送る阪神・掛布SEA
2軍キャンプを訪問し、片山にアドバイスを送る阪神・掛布SEA

 阪神の掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA、63)が21日、今年初めて、高知・安芸の2軍キャンプを訪れ、育成ドラフト1位の片山雄哉捕手(24)=BC福井=を熱血指導した。ミスター・タイガースの助言を受けた片山は、その後のシート打撃で御礼の中前安打を放った。

 「面白い打者がいるから見てください」と平田2軍監督らの依頼を受けた掛布氏は、打撃練習の間に身ぶり手ぶりを交えてアドバイスを送った。「ちょっと左肩が出てくるのが早い。右投左打の割には左サイドを使って球を打ちにいくことが多いので、左肩を残してバットが体の前を走るようなイメージでやったらどうだ? あとは球の内側にバットを入れなさい」と、同じ左打者として改善点を指摘した。シート打撃の中前安打をネット裏から見届け「そうやって変わってくれたらうれしいですね。練習も熱心だと聞いていますし、可能性はあるんじゃないですかね」と期待した。

 掛布氏と初対面の片山は「一言で言うとレジェンドですね。僕の中で不完全燃焼に終わっているものというか、すごくモヤモヤしていたものを、いとも簡単に謎を解いてくれた。『ああ、すごいな』と。そう言っていただけて光栄というか、本当に感動しました!」と目を輝かせた。

 また、掛布氏は印象に残った選手として、シート打撃で三塁打を放ったドラフト2位の小幡竜平内野手(18)=延岡学園高=を挙げた。平田2軍監督に「癖がないし、柔らかさもある。修正するところや、アドバイスをすることが今のところはない」と伝えたという。「まだ線が細いけど、頑張ってもらいたい選手の1人ですよね」と、飛躍することを願っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請