園子温監督が退院「これからも作品をつくり続けます」 事務所通じコメント

園子温監督
園子温監督

 7日に心筋梗塞を発症し緊急手術を受けた映画監督の園子温さん(57)が21日、入院していた病院を退院した。所属事務所が発表した。

 園監督は事務所を通じコメントを発表。「関係者の皆様には多大なるご心配をお掛けしましたが、無事、退院することとなりました。関係者はもとより、私の作品を愛して下さる国内外の方々から激励のメッセージを頂き、感謝申し上げます。健康に留意し、これからも、作品をつくり続けますので、ご期待下さい」と製作に意欲を見せた。

 園監督は7日午後4時、突然胸の苦しみを訴え、救急搬送された。所属事務所によると、心筋梗塞と診断されたが、手術を受け一命は取り留めた。数日前に妻の神楽坂恵(37)が第1子を出産したばかりだった。

 今年はNetflixの連続ドラマ「愛なき森で叫べ」の配信や、米俳優ニコラス・ケイジ(55)が主演するハリウッド映画「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」(原題)の撮影が控えている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請