小倉智昭氏、人手不足で営業時間短縮のセブンイレブンオーナーに「名前を借りた先の契約はある程度のことはやっていかないと…」

小倉智昭氏
小倉智昭氏

 21日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で大阪府にあるセブンイレブンのフランチャイズ(FC)加盟店が今月1日から「24時間はもう限界」として、営業時間を短縮したことで、本部と対立しているニュースを特集した。

 番組では「24時間“もう限界”セブンイレブン“時短営業”で契約解除」と題し、人手不足から今月1日から24時間営業をやめた大阪東大阪市のセブンイレブン南上小阪店のオーナーの松本実敏さん(57)を取材。松本さんは2012年2月にFC契約したが、アルバイト店員が「厳しい辛いと言って順番に辞めて去年9月から今年2月までの間に13人やめました」とし人手不足を理由に営業時間を午前6時から深夜1時までに短縮した。

 現在はオーナーを含めて8人で運営している状態。さらに、妻が昨年5月に他界し精神的な支えだけでなく仕事のパートナーも失い、本部に相談したが、十分な支援を得られずやむをえず短縮を決断したという。

 セブンイレブン側は番組の取材に「商品の販売やサービスの提供だけでなく社会のインフラとしての役割を担っており、店舗のオーナーとは24時間営業を前提とした内容の契約を取り交わしています」とコメントしたという。

 こうした状況に小倉智昭キャスター(71)は「フランチャイズというのは名前を借りて営業するわけですから、名前を借りた先の契約については、ある程度のことはやっていかないと難しいでしょうね」と示していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請