【阪神】マルテ、5番で対外試合デビュー「いいショー見せたい」

ナバーロ(右)とともに座喜味城跡を観光し、笑顔のマルテ
ナバーロ(右)とともに座喜味城跡を観光し、笑顔のマルテ

 阪神のジェフリー・マルテ内野手(27)=エンゼルス=が、19日の韓国・KIAとの練習試合(宜野座)で、「5番」で対外試合デビューすることが18日、決まった。「いいショーをみなさんに見せられるよう、全力を尽くしたいなと思います」と、11日の紅白戦に続く2試合連発を誓った。

 マルテは来日初実戦となった11日の紅白戦で、本塁打に加え適時打も放ち2安打3打点の大暴れ。有力な4番候補ではあるが、昨年のロサリオの例もあり、チーム内では過度の重圧や期待は禁物のムードがある。矢野監督も17日の日本ハム戦(宜野座)に続き、4番には大山を置いた。紅白戦から4番に固定し続けて、シーズンで大きく期待を裏切ったロサリオの教訓を生かす格好だ。「4番・マルテ」は開幕まで慎重に判断する。

 キャンプ休日となったこの日は、ナバーロと座喜味城跡を訪れリフレッシュした。「順調にきていると思います」と自信をのぞかせた。今は打順に関係なく、調整をしっかり重ねていく。(嶋田 直人)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請