元幕内・時津洋さん死去 49歳

元幕内・時津洋さん
元幕内・時津洋さん

 大相撲元幕内・時津洋でちゃんこ店経営の吉岡宏典さんが14日に心不全のため亡くなったことが17日、分かった。49歳だった。

 吉岡さんは、徳島県出身で“阿波の怪童”と呼ばれ、中学卒業後の1985年春場所で初土俵。最高位は東前頭4枚目で、幕内を19場所務めた。99年秋場所で引退し、当時の規定でしこ名のまま準年寄を2年間務めてから日本相撲協会を退職。タレントと荒汐部屋のコーチを務めながら、2001年に東京都内で相撲料理「時津洋」を開業。一時はシンガポールなど海外にも出店するなど店舗を拡張。近年は東京・神田錦町に一本化していた。スポーツ報知で釣りコラムを書くなど、釣り好きでも有名で、自ら釣った魚を店で振る舞っていた。

 葬儀・告別式は19日午後2時から江東区亀戸6-28-4、北辰舎で行われる。喪主は妻・晶子(あきこ)さん。

 ◆◆時津洋 宏典(ときつなだ・ひろのり) 本名・吉岡宏典。1969年8月2日、徳島県美馬市生まれ。中学卒業と同時に時津風部屋に入門。当時の師匠は後に日本相撲協会理事長を務めた元大関・初代豊山。85年春場所で初土俵を踏み、90年九州場所で新十両。92年夏場所で新入幕。最高位は93年名古屋場所での東前頭4枚目。99年名古屋場所で幕下に転落し、翌秋場所に引退。十両優勝2回。しこ名のまま2年間、準年寄を務めた。現役時代は188センチ、183キロ。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請