JOCの橋本聖子副会長 白血病の池江へエール「何とか頑張って欲しいし、彼女なら出来ると思う」

講演したJOCの橋本聖子副会長(左)。右は陸上男子短距離の山県亮太
講演したJOCの橋本聖子副会長(左)。右は陸上男子短距離の山県亮太

 日本オリンピック委員会(JOC)の橋本聖子副会長が16日、東京・府中市で講演し、白血病を公表した競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)にエールを送った。

 自身も池江と同じ高校3年生の時、腎臓病と、ストレス性の呼吸筋が弱まる病気を患ったエピソードを明かした上で「自分も病気から何とか立ち直れた1人でもある。娘と同じ年でもあるので、池江選手には何とか頑張って欲しいと思うし、彼女なら出来ると思うと信じている」と述べた。

 昨今、スポーツ界で競技団体のコンプライアンスやガバナンスを始めとした様々な問題が議論を呼んでいる状況を踏まえ、語気を強める場面もあった。

橋本氏 「スポーツや五輪、パラリンピックに神様がいるとするならば、今回、池江璃花子の体を使って、五輪、パラリンピックをもっと大きな視点で考えなさい、と言ってきたのかなと思いました。あらゆる問題が去年から起きていました。あらゆる面で心配、ご迷惑をおかけしてきました。悩んでいる選手もいる。どうしたら良いのか分からない人もスポーツ界にはいる。ガバナンス、コンプライアンスをしっかりしないといけないと思って、五輪、パラリンピックを1年半前を迎えているスポーツ界。池江選手が素晴らしい発信をしてくれたことによって、スポーツ界全体がそんなことで悩んでいるべきじゃないんだ、そんなことで、大きな事ではあるけど、ガバナンスやコンプライアンスで悩んでいる場合じゃない、もっと前向きにしっかりやりなさいよ、という発信を、池江選手を使って私達に叱咤激励してきてくれているのかとさえ思いました。それだけ、彼女はすごい人間なんですね。私はこういったことを1つの教訓として、まずは完治を目指して、彼女の素晴らしいアスリート魂と人間力を大事にして、大きなチームジャパンを組んで、彼女を中心に2020年に誇りある五輪、パラリンピックの舞台作りに全力をかけてやっていきたいと決意を新たにしているところです」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請