【日本ハム】吉田輝星、甲子園リベンジだ 16日紅白戦で柿木と先発対決「今回は抑える」

バレンタインデーで沖縄の揚げ菓子「サーターアンダギー」をお互いの口に運ぶ吉田輝(左)と柿木(カメラ・関口 俊明)
バレンタインデーで沖縄の揚げ菓子「サーターアンダギー」をお互いの口に運ぶ吉田輝(左)と柿木(カメラ・関口 俊明)

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=が14日、昨夏の甲子園決勝のリベンジに闘志を燃やした。沖縄・国頭(くにがみ)村の2軍キャンプを視察した栗山英樹監督(57)から、実戦デビューとなる16日の紅白戦(国頭)の先発を正式に通告された。相手は昨夏の決勝で敗れたドラフト5位の柿木蓮投手(18)=大阪桐蔭高=に決定し「あの時はボロボロだったので。今回はしっかり抑えたい」と力を込めた。

 アリゾナから午前中に那覇空港へ帰国後、すぐに視察に来た栗山監督らがネット裏で見守る中、ブルペンで50球。隣の柿木に負けじとミットを響かせた。「普段のブルペンより、しっかり集中できて強い球が投げられた」。打者を立たせてより実戦仕様にした上で、変化球も交えて調整した。

 指揮官が「この2人が先発して何かをチームに、そして日本の野球に対してメッセージを送ってくれると思う」と発表した粋なマッチアップ。ホテルで同部屋の2人は早くも舌戦を繰り広げた。輝星が「『次は勝つぞ』って言いたい」と挑戦状をたたきつけると、報道陣から伝え聞いた柿木は「(甲子園で)勝たしてもらってるんで。上のステージで対戦できるのはワクワクする」と余裕を漂わせた。

 この日はバレンタインデー。練習の合間にファンからチョコを受け取った輝星は「100個? そこまでいってないと思います」と笑い、帰り際に紙袋を手にした柿木も「(個数でも)自分が勝つんじゃないですかね」とライバル心を燃やした。輝星は「試合になると気持ちもプレーも変わって来る。ブルペン以上の球は投げられると思う」と気合十分。1イニングが有力だが、強打者との対決は本来の力を引き出す呼び水になる。首脳陣へのアピールと、昨夏のリベンジを同時に果たす。(秦 雄太郎)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請