【楽天】今季初実戦で阪神に2―5で敗戦。視察した山崎武司氏が可能性を感じたルーキーとは?

山崎武司氏
山崎武司氏

  中日、楽天などで活躍した野球評論家の山崎武司氏が14日、沖縄・宜野座で行われた阪神対楽天戦を視察した。なお試合は、阪神が5―2で勝利した。

 ドラフト1位の辰己涼介外野手(22)が「6番・右翼」で先発出場。ドラ1ルーキーにとってプロ初の実戦となったが、4打数無安打に終わった。自らの代名詞でもあった背番号「7」を背負っている辰己について、山崎氏は「オーバースイングで、スイングのバランスが崩れている。今のままでは難しいけど、伸びしろはある。面白い存在ではある」と語った。

 山崎氏が阪神戦に出場したルーキーの中で、最も可能性を感じたのは、ドラフト7位の小郷裕哉外野手(22)=立正大=だったという。3点を追う9回2死無走者の場面で代打で登場。プロでの実戦初打席で右翼ポール右へ飛距離十分の大ファウルを放った。結果は三振に終わったが、山崎氏は「いいものは持っている。これから伸びてくると思う」と期待をよせた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請