【西武】辻監督も感激 シーズンシートの新規販売数が152%増!

ファンのニーズに応え、内野指定席の販売を増強。
ファンのニーズに応え、内野指定席の販売を増強。

 西武の2019年のシーズンシート新規販売数が1月末現在で昨年同時期比152%増と絶好調だ。

 昨季10年ぶりにリーグ優勝を果たし、夏には「ライオンズフェスティバルズ」などのイベントも実施したことで、ファンの関心がより高まったことが好調の要因とみられる。シーズンシートの販売を担当する営業部の小野塚久人マネジャーは「最安9万7200円(税込)でシーズンシートを購入できるようになったことが大きいですね」と説明。また、ファンのニーズに幅広く応えるため、今シーズンからライオンズ内野指定席A、ライオンズ内野指定席Bの販売を増強した。

 辻監督は「昨シーズンは、お客さまが試合途中に帰らないようなエキサイティングなゲームをする、という目標をある程度達成できたことも今シーズンのシーズンシートの売り上げにつながっていると思う。ファンの方々に喜んでもらえるよう、日本一を目指して頑張ります」と奪還を約束した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請