テレ朝玉川徹氏、不適切発言連続の桜田五輪相に「大臣辞めろのレベルでない。政治家を続けていいのか」

池江璃花子
池江璃花子

 14日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で桜田義孝五輪担当相(69)が13日の衆院予算委員会で、競泳の池江璃花子(18)=ルネサンス=が白血病を発表したことを受け「がっかりしている」と発言したことについて、「配慮を欠いたと思うので、おわびをし、撤回する」と述べたことを報じた。

 桜田氏は、自身の進退については「職務を全うできるよう努める。今までの分も挽回できるよう、一生懸命職務に努めたい」として続投する考えを示した。番組では不適切発言が連続していることについて桜田氏が「自分で自分のことを評価することは難しく、評価は人に委ねたい。よく私には理解できません」と述べた発言を取り上げた。この発言にコメンテーターで同局・玉川徹氏(56)は「理解できませんっていう意味が理解できません」と憤慨した。

 その上で「理解できないっていう風な人を大臣の資質とかそういう問題じゃないんじゃないかなと思います」とし「なぜ、不適切な発言を連発するか自分では分からないということですから、なぜ、こうやって騒ぎになっているのかも分からないということでしょ」と指摘した。

 さらに「言葉は政治家にとって命ですよ。議員っていうのは、まさに議という字は話し合うという意味ですから。話をもって相手と自分の意見を交換しあう、そうやって国の行き先を決めるっていう仕事ですからね。そうすると、言葉がちゃんと分かってない人が議員を続けてはダメだ」と断じ「よく野党が何か問題あるとすぐに辞めろ辞めろっていうのは、どうかと思ってたんだけど、今回は大臣辞めろとか、そういうレベルじゃなくて、政治家としてこの人続けていいのかなと思います」と明かしていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請