【巨人】ゲレーロ、原監督の助言で“即効”15発!「いい感触で打てた」

原監督が見つめる中、フリー打撃で快音を響かせたゲレーロ(右)
原監督が見つめる中、フリー打撃で快音を響かせたゲレーロ(右)

 巨人のアレックス・ゲレーロ外野手(32)が圧巻のサク越えショーを見せた。ティー打撃中に原監督からトスを上げてもらい、打球を上から見ることと、バットの軌道を水平に保つことについて助言を受けた。直後のフリー打撃で55スイングで4連発、2度の3連発を含む15サク越え。「いい感触で打てた」と納得の表情を浮かべた。

 17年の本塁打王でもあるゲレーロは宮崎キャンプ初日にも、打席の中で頭が動かないようになどと密室で30分間のマンツーマン指導を受けている。「監督の素晴らしい経歴と指導の力で頂く言葉には重みがある。すごくタメになります」と感謝した。

 レギュラーをつかむことはもちろん、ヤングマン、メルセデス、クック、ビヤヌエバらと4つの外国人枠を争うことにもなる。指揮官は「チーム内の競争であることは間違いないわけだけど、彼の実績や長打力はチームの力になってくれる」と期待を寄せる。

 移籍1年目の昨季15本塁打に終わったゲレーロ。「いい練習ができているよ」と、フリー打撃後は、足を動かすために左翼だけでなく三塁でもノックを受けるなど精力的に練習に励んでいる。(後藤 亮太)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請