逆転金メダルの宇野昌磨、最後は「本当は寝転びたかった」

スポーツ報知
優勝した宇野昌磨(中央)と2位の金博洋(左)、3位のビンセント・ゾウ(カメラ・高木恵)

◆フィギュアスケート 四大陸選手権(9日、米国・アナハイム)

 【9日=高木恵】男子は18年平昌五輪銀メダルでショートプログラム(SP)4位の宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=が、フリーで今季からのルール改正後の世界最高となる197・36点をマークし、合計289・12点で逆転優勝した。

 ◆昌磨に聞く

 ―金メダルと銀メダルの違いは。

 「銀でも五輪はうれしかったし、去年のGPファイナル、四大陸、今年のGPファイナルは、うれしさのある銀ではなかった。金メダルを取れたのは素直にうれしいけど、それまでの積み重ねた練習がないからか、達成感というのはあまりない」

 ―最後は力が抜けたか。

 「本当はそこで寝転びたいくらい、足の裏がしんどかった」

 ―足の裏?

 「靴を1月に替えて、メーカーもリスポートからエデアに変えた。練習もあまりしていなかったので、新しい靴って足の裏がきついんですよ。結構、立っているのがしんどかったけど、次の人に迷惑だなって思って、なるべく早く帰ろうと」

 ―右足首の痛みは。

 「今はないです。最後(1月)に(転倒した際に)自分で(右足首を)踏んだときも、これくらいだったら3~4日で治ると思っていた」

 ―6分間練習から気合が入っていた。

 「最後(スタート位置に)立ったときに、何も考えなかった。そこから覚えていない。最後は無心でやったのがいい方に向いたのかも」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請