【巨人】丸佳浩、移籍後初安打&初打点「ホッ」 原監督「お手本になっている」

8回1死一、二塁、マルチヒットとなる中前打を放った丸
8回1死一、二塁、マルチヒットとなる中前打を放った丸

◆紅白戦 白組6―10紅組(10日・サンマリン宮崎)

 今キャンプ12球団最多となる4万人の観衆が集結する中、巨人の新戦力が初実戦の紅白戦で実力を見せつけた。広島からFA移籍した丸佳浩外野手(29)は適時打2本で2打点の鮮烈デビュー。新外国人のクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(27)も2打数1安打2打点と好発進した。オリックスから移籍の中島宏之内野手(36)は2点二塁打で勝負強さをアピール。ドラフト1位左腕の高橋優貴投手(22)も先発で3回1失点と好投し、13日からの那覇2次キャンプへの切符を確実にした。

 鋭い打球が前進守備の一、二塁間を抜けていくと、しばらく鳴りやまない大きな拍手が丸に注がれた。移籍後初の実戦となった紅白戦。1点リードの3回1死三塁で迎えた第2打席だ。フルカウントから今村の甘く入ったスライダーを仕留め、右前適時打で“移籍後初安打&初打点”。「何とか三振をしないように食らいついていきました。ある程度甘く来たので、捉えることが出来た」と振り返った。

 今度は8回1死一、二塁。大竹の直球を振り抜いた。テレビ中継で打球速度「159キロ」が計測された痛烈な打球で、右腕の股の間を抜ける中前適時打を放った。「結果が出てホッとしている部分はあります」。マルチ安打&打点デビューで、2年連続セMVPの実力をバットで証明した。

 打撃だけではない。存在自体が、チームに好影響を与えている。試合後、原監督は言った。「ジャイアンツのペースに合わせるのではなく、彼は彼流というものを持っている。ジャイアンツの選手たちはそれに影響を受けている。一つ形として見えるのは、全員がフルスイングというのを意識している。生きた教材、お手本になっている」。2チームで計24安打16得点が生まれた一因に丸の存在を挙げるほど、すでにチームに欠かせない打者となっている。

 好影響は投手陣にももたらされている。1月のG球場での自主トレや今キャンプ中。多くの投手が丸に相手打者としてどう映っていたのかを聞きに行った。球種の特徴、対戦時の傾向を事細かく覚えていることで周囲を驚かせ、さらに対戦時には全く使っていなかった球種を有効活用すれば、打者は嫌がる―という助言まで送るのが“丸流”。生きた教材として、培ってきた経験を還元している。

 試合後には2日ぶりの屋外特打を行い、21年ぶりに“登板”した宮本投手総合コーチを相手に15分、その後も30分間バットを振った。「(宮本コーチの球は)めちゃめちゃ打ちやすかったですよ。ただ、21年ぶりの登板だったので、バテるのが早かったですね」。冗談を交えたコメントが出ることが、チームに溶けこんでいる証拠。背番号8の輝きは試合を重ねるごとに、もっともっと増していくはずだ。(後藤 亮太)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請