東京五輪の秘密兵器候補! 米国生まれの20歳DF井手航輔が、スペイン1部レガネスへ電撃移籍

スペイン1部レガネスへの移籍が決まった井手(中)
スペイン1部レガネスへの移籍が決まった井手(中)

 LAギャラクシーのU―18などでプレー経験があるDF井手航輔(20)が9日、スペイン1部レガネスと契約を結ぶことが決定した。近日中に正式発表される見込みで、背番号は36。「今回、まずこのチャンスを得られたことに本当に感謝しております。また常にサポートしてくれた家族や、この契約に関わってくれた皆様に感謝しております。自分の中では10年後、15年後、引退後のビジョンはできあがっているので、今後とも選手として成長していき、一つ一つかなえていきます」と所属するマネジメント会社を通じてコメントした。

 井手は米国カリフォルニア州アーバイン出身で、両親は共に日本人。積極的な攻撃参加が持ち味のサイドバックで、両サイドをこなすことができる。LAギャラクシーのアカデミー育ちで、16歳でU―18に昇格。その後、ドイツのアレマニア・アーヘンU―23などを経て、フリーとなっていた昨年冬からレガネスに練習生として参加。そこでのプレーが評価され、正式契約することになった。

 現在は日本と米国の二重国籍。米国の世代別代表での選出はないが、候補合宿には参加した経験を持つなど、確かな実力を備える。本人は日本協会に招集されれば、応じる意向を持っており、東京五輪代表として出場する可能性もある。

 ◆井手ウィリアム航輔(いで・うぃりあむ・こうすけ)1998年2月13日、米国カリフォルニア州アーバイン生まれ。20歳。6歳からサッカーをはじめ、11年にLAギャラクシーのアカデミーに入団。サンターナ・ウインズを経て、17年にアレマニア・アーヘンのU―19に入団。同年にU―23に昇格した。18年はDSC99に所属し、その後フリー。172センチ、62キロ。利き足は右。血液型O。家族は両親と妹。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請