ボートレース住之江「G1第62回近畿地区選手権競走」モーター番付

 【報知式モーター番付上昇ムード「27」「73」】 現エンジンは、昨年3月10日初日の開催が初使用で約20節使っている。相場はほぼ固まっているものの、良機と呼ばれたものが一気に下降したり、逆に低複勝率機が抜群機の仲間入りになることもしばしば。練習の動きや整備や調整での気配の変化に注意したい。

 横綱は実績面を考慮して複勝率1位の「11」とグランプリ(GP)V機の「87」だ。まず「11」は5、6月に3連続優出し、11、12月にも3連続優出(1V)。GPでの白井英治の頃がピークだったかもしれないが、2節前に川田正人が苦しみながらも優出5着。底力はあるだけに、実戦でパワーを発揮しそう。

 「87」は元エース機から夏場にやや気配ダウンも、GPでは峰竜太がパワーアップさせ優勝。その後は123期の新人が乗ったりでまた下降したが、2節前の北川潤二がジワリと良化させて準々優(4着)入り。調整次第だが、再び光り輝く可能性を秘める。

 上昇度なら大関の「27」「73」の方が上回るか。複勝率の低い「27」はGPシリーズで平尾崇典が強伸びを生かし優勝して一躍、良機に。「73」は10月高松宮記念の下出卓矢が仕上げてから超抜機となった。また、「57」「64」は調整次第でレース足が良化。複勝率上位の「21」「24」「38」は近況も上昇中で、「60」は伸びがいい。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請