【広島】2年目遠藤、初1軍で100球デモ「キレ収穫」菊池保は別メニュー

ブルペンで投球練習をする広島・遠藤
ブルペンで投球練習をする広島・遠藤

 広島の宮崎・日南キャンプで9日、2年目右腕の遠藤淳志投手(19)が1軍組の天福球場に合流した。

 1年目の昨季はキャンプを含めて1軍経験がなく、この日がプロ初の1軍練習。早速、ブルペンで石原を相手に100球の投球スライダー、カーブ、チェンジアップに加えてイキのいい直球を披露し「(チーム)最年長の石原さんだったので緊張しました。真っすぐのキレが収穫です」と胸を張った。

 石原も「いいバランスで投げる。手が遅れて出てくるのでタイミングが取りづらそうなイメージ」と若武者をたたえていた。

 一方、下半身のコンディション不良で7日のシート打撃登板を回避した菊池保則投手(29)=楽天=は、この日からキャッチボールを再開したものの別メニュー調整。11日に予定されている紅白戦も、菊池保の代わりに遠藤が登板する可能性が高まった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請