井上尚弥、最優秀選手賞とKO賞の2冠 WBSS「まずは優勝」

表彰され壇上に並ぶ年間優秀選手たち(カメラ・頓所 美代子)
表彰され壇上に並ぶ年間優秀選手たち(カメラ・頓所 美代子)

 プロボクシングの2018年年間表彰式が8日、都内で行われ、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25)=大橋=が最優秀選手賞とKO賞の2冠に輝いた。他団体王者らとトーナメント方式で争う「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」の準決勝となる次戦は、4月か5月に米国か英国で開催。今年は同大会優勝で日本ボクシング界を引っ張る覚悟を示した。

 文句なしの栄冠だ。井上は、昨年5月のバンタム級転向初戦で世界3階級制覇、10月のWBSS初戦でわずか70秒の衝撃的なKO勝ち。14年度以来4年ぶり2度目となった最優秀選手賞は、37人の記者投票で満票だった。「うれしすぎますね。今年取れなきゃいつ取れるんだと思っていた。去年は反省のない試合だった」。圧倒的な力で3年ぶりのKO賞も奪い取った。

 次戦はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=とのWBSS準決勝。陣営の大橋秀行会長(53)は「4月か5月。場所は米国か英国のどちらか」と説明した。井上は17年9月に米カリフォルニア州でWBO世界スーパーフライ級王座のV6に成功したが、英国なら自身初となる。同会長は米国の場合、ラスベガスではないことを明かし「(交渉は)最終段階。もうすぐ発表できる」とした。

 日本ボクシング界の“顔”としての自覚も芽生えた。表彰式の壇上では「ボクシングに興味のない方にも見ていただけるように、ボクシング界の活性化につながるように頑張りたい」とあいさつした。前戦以降、激しい練習の合間を縫って年末年始もテレビ番組の出演などで大忙し。その背景には「人気の活性化というと、試合だけでは難しい。ボクシングを見ない方も興味を持ってくれればと思って(テレビに)出ている。他の競技に負けていられない」という理由がある。これまで言葉にしなかった競技全体を見渡した思いを語った。

 今月はグアムで走り込み合宿を予定。WBSSで優勝すれば日本人初の3団体統一王者となる。「まずは優勝。また日本のチャンピオンが(WBSSに)出られるように。ただの殴り合いじゃないぞっていう面白さを見せていきたい」。日本人ボクサーの価値を高めるため、海を渡って拳を振る。(浜田 洋平)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請