【阪神】大山悠輔、侍ジャパン候補にリストアップ…来月9、10日強化試合

スポーツ報知
大山悠輔

 阪神・大山悠輔内野手(24)が、3月9、10日にメキシコとの強化試合(京セラD)に臨む侍ジャパンの候補にリストアップされていることが4日、分かった。若手中心のメンバー構成となる見込みで、稲葉篤紀監督(46)は3年目の大砲候補にも注目。選出されれば1年ぶりの代表復帰となる。

 大山は昨年3月に初めて侍入りし、オーストラリアとの強化試合は2試合で4打数無安打(1四球)だった。昨季は前半こそ苦しんだが、後半の挽回もあり、117試合で打率2割7分4厘、11本塁打、48打点。本職の三塁に加えて一塁、外野も守れる点が強みで、稲葉監督は以前も「複数(のポジションを)守れる選手は貴重。それで打てる」と評価していた。

 今季の阪神では新外国人のマルテとともに4番候補として期待されており、調整は順調そのもの。「全試合出て活躍することが目標。一年間、軸となって戦えるよう頑張りたい」と意気込み、今キャンプでは初日の特打から95スイング中22本のサク越えを放った。これまで松田宣(ソフトバンク)が守ってきた侍ジャパンの三塁だが、今や絶対的なレギュラーは不在。岡本(巨人)らとの定位置争いが見込まれ、虎の主砲候補も攻守でさらなる安定感が求められる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請