アマホープの堤駿斗、井岡一翔と同じ所属事務所とマネジメント契約

堤駿斗
堤駿斗

 トラロックエンターテインメントは1日、アマチュアボクシングの堤駿斗(はやと、19)=東洋大=とマネジメント契約したことを発表した。今後、国内外の活動をサポートする予定。同事務所は、プロの元世界3階級王者・井岡一翔(29)らも所属している。

 堤は、小学5年時に空手からボクシングに転向し、U―15全国大会、UJ(アンダージュニア)全国大会、第1回全日本UJ王座決定戦など中学時代から多数のタイトルを獲得。千葉・習志野高では高校6冠に加え、全日本選手権でも優勝し、井上尚弥以来6年ぶりの高校生王者となった。日本人として初めて世界ユース選手権(18歳以下の世界大会)で優勝し、2016、17年の日本連盟最優秀選手を受賞。18年4月に東洋大に進学。20年東京五輪ではボクシング競技実施の可否が先送りされているが、アマの逸材として期待されている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請