キートンのR-1運営批判…なかやまきんに君「意図的に落とされたかも」芸人仲間が続々反応

キートン
キートン

 ピン芸人日本一決定戦「R―1ぐらんぷり」の3回戦で敗退したお笑い芸人・キートン(45)が1日までに自身のツイッターを更新。「あれだけウケて落とされたら誰でも怒ります」などと運営サイドへの怒りをぶちまけた書き込みが反響を呼んでいる。なかやまきんに君(40)やガリガリガリクソン(32)がツイッターで言及するなど、芸人仲間からも反応が上がっている。

 キートンは29日に「R―1ぐらんぷり、3回戦の追加合格発表がありました。自分で言うのもなんですが、あれだけウケて落とされたら誰でも怒ります」とツイート。「私は意図的に落とされたと思っている。なぜなら3回戦の私は相当ウケたから」「審査員のセンスをうたがう」などと手書きの長文までアップした。

 これを受け、自身も予選敗退したガリガリガリクソンは「キートンさん!!!!!!!そうですよ!!!!!!!!クソが!!!!!!!!!!」と賛同。「テレビのやる事ですからねえ。クソですよ。数字取れないなら我々に任せればキチンと仕事するのに。でももう徹底的におちょくってうまく踏み台にするしか利用価値が無いんですよね」などと、ぼやいた。

 また、06年に決勝進出した実績のあるなかやまきんに君は「僕はR-1ぐらんぷり、2回戦で落ちました」とした上で、「いや、キートンさんの記事を見て思ったのは意図的に落とされたかもしれないです。周りの芸人からは今日の出演者で一番筋肉があったねと言われ、謙遜してもその日のトップ5に入る筋肉量だったと思います」とツイート。

 続けて「審査員の方は客観的に見る事も絶対に必要だと思います。僕のどこの筋肉が足りなかったのか、、、だから、R-1はM-1(Muscle-1グランプリ)より下に見られるんだ。ただ、一つ言えるのは全くウケなくてスベりました。準々決勝に残ってる皆さん頑張って下さい」とつづった。

 また、お笑いコンビ「飛石連休」の藤井ペイジ(46)は「この日のネタを見たわけではないけど、キートンさんが面白いお笑い芸人であることは、生で接した多くの人が知っている。この主張は見過ごせない」とつづっていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請