【日本ハム】新外国人右腕バーベイトは大のビール党…早くもビールかけを熱望

マルティネス(左)とキャッチボールを行い笑顔でグラブを合わせるバーベイト
マルティネス(左)とキャッチボールを行い笑顔でグラブを合わせるバーベイト

 日本ハムの新外国人右腕、前タイガースのジョニー・バーベイト投手(26)が1月31日(日本時間2月1日)、1軍キャンプ地の米アリゾナ州スコッツデールで入団会見に出席した。

 身長185センチ、104キロと大柄な体格の持ち主。150キロ前半の直球にカーブ、スプリットを武器に16年にヤンキースでメジャーデビュー。昨季はタイガースで7試合に登板して0勝0敗、防御率12・15だった。これまでに先発、中継ぎともに経験しており、球団は先発としての適性を評価している。背番号「33」のユニホームに袖を通した右腕は「いま持っている力をすべて出して、勝利に貢献できるようとにかく一生懸命にやるだけ」と決意表明した。

 北海道で楽しみにしているものとしては「食べ物とビール」と即答。日本では優勝時にビールかけが恒例となっているが「知らなかった。アメリカではシャンパンなので」とカルチャーショックを受けつつ、「(ビールかけは)いままではない。今年、優勝したらぜひやりたい」と意欲を見せていた。

 また、好きなビールの銘柄については「好きなものがいっぱいあって選べないんですが…そこはサッポロビールということで」と笑っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請