【オリックス】4年ぶりキャプテン制度復活 2年目の福田が主将、3年目の山岡が副主将

ノックを受けるオリックス・福田
ノックを受けるオリックス・福田

 オリックスが31日、今季からキャプテン制度を復活させることを発表した。球団では2015年に糸井が背負って以来、4年ぶり。主将にプロ2年目の福田周平内野手(26)、副主将に同3年目の山岡泰輔投手(23)が就任した。

 福田は「先輩方の力を借りながら、チームをひとつにしたい」と決意表明。山岡も「野手、チームがどう考えているのか。投手陣の考えを(福田)周平さんに伝えたりして、パイプ役になれるようにしたい」と意気込んだ。

 西村監督は「野手と投手でコミュニケーションを図って、若い力で引っ張ってほしい」と期待した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請