郷ひろみ、ゴルフの魅力は「人生に似てる」 ツアー応援歌も作る?

ガッツポーズする(左から)藤田寛之、石川遼、郷ひろみ、芹沢信雄
ガッツポーズする(左から)藤田寛之、石川遼、郷ひろみ、芹沢信雄

 歌手の郷ひろみ(63)が31日、都内で「フューチャーGOLFツアー2019」のプレス発表会に出席した。

 同ツアーの応援サポーターを務める郷は「僕がゴルフをどうして好きなのかというと、月並みかもしれませんがゴルフは人生と似てる。いいときもあれば、悪いときもあって…」としみじみ。「僕の歩んできた人生と同じで、乗り越えることによって、楽しさが倍増していく」とゴルフの神髄を語った。

 19歳のとき、宮崎県のコースで初めてラウンドしたのがゴルフデビュー。「その時はまだそこまで一般的ではなくて、年齢が高い人のスポーツという感じでしたが、どんどん(年齢が)下がってきて、広く愛されるようになってきた。僕みたいなアマでも長くできるスポーツだと思います」と呼びかけるとともに「僕もゴルフ場にいって、プロアマ戦に参加するなりしてご協力できれば」と語った。

 会見には国内男子プロゴルフの石川遼選手会長(27)、芹澤信雄(59)、藤田寛之(49)らも出席。芹澤プロから「ぜひ応援歌を1曲作って」とラブコールを送られた郷は快諾していた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請