【日本ハム】オリから加入の金子弌大が米アリゾナで初ブルペン 緊張で「足がつりそう」に

 オリックスから加入した日本ハムの金子弌大(ちひろ)投手(35)が30日(日本時間31日)、1軍キャンプ地の米アリゾナ州スコッツデールでの合同自主トレで、初のブルペン投球を行った。

 栗山監督ら首脳陣が見つめる中、捕手を座らせてカーブやスライダーなど多彩な変化球を交えて25球を投げ込んだ。通算120勝を誇る14年の沢村賞右腕だが、日本ハムでは初のキャンプということで思うようにはいかなかった様子。「こんなに緊張するブルペンは久しぶり。いいところを見せないと、ということで緊張した。(緊張で)足がつりそうでした」と振り返っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請