【広島】「赤チョーさん」報道陣にも人気 ナイスガイな振る舞い

新天地のナインと話し込む長野(左端、右から松山、野間、堂林)
新天地のナインと話し込む長野(左端、右から松山、野間、堂林)

 巨人にFA移籍した丸の人的補償として広島入りした長野久義外野手(34)が30日、キャンプ地の宮崎・日南市で先乗り合同自主トレに合流。グラブとスパイクを燃える赤で統一した「赤チョーさん」は、鯉の一員としての覚悟を示し、若手へのアドバイスも惜しみなく買って出た。

 報道陣も赤チョーさんのとりこになった。大勢で囲んだ入団会見以来2度目の取材、つまり、ほぼ初対面だった私の腕をさすりつつ「先輩(年上)ですよね? 田中さん、いい原稿書いてくれますよね~」とニコニコ。赤グラブを手にしながら「これ(グラブの写真を紙面で)使ってくださいよ」とニヤリ。きょうのネタはコレだぞ、と言わんばかりだった。

 顔なじみの他紙記者には「日南にようこそ」と握手を求め、ティー打撃を手伝わせる場面もあった。昨季までの巨人担当キャップ・水井記者によると「長野は紙面をきっちり読んでますからね」とのことだが、悪く書きようがないナイスガイな振る舞いだ。

(広島担当・田中昌宏)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請