【阪神】小野 先乗り合同自主トレ最終日に直球のみ65球「真っすぐは一番大事」

ブルペンで力投する阪神・小野
ブルペンで力投する阪神・小野

 阪神の3年目右腕・小野泰己投手(24)が30日、沖縄・宜野座でブルペン入り。先乗り合同自主トレ最終日に直球のみ65球を投げ込み「真っすぐは一番大事。試合でも一番多く投げる球ですし、(直球の)質を上げていくためです」と説明した。

 富士大時代からの調整法で、変化球解禁はキャンプ中盤を見込んでいるという。「今日は納得いく球が1球、2球あるかどうか。これからイメージした球が投げられるようにしていきたい」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請