【甲府】新戦力〈2〉横谷繁「彰さんサッカー」追いかけ移籍

清水桜が丘高との練習試合で指示を送る横谷(中央)
清水桜が丘高との練習試合で指示を送る横谷(中央)

 伊藤彰監督(46)のサッカーで今季を制するために、ライバルの大宮からヴァンフォーレの扉を叩いた。「彰さんのサッカーに魅力を感じていた。彰さんのサッカーで、できれば主力で年間コンスタントに出て、J2優勝したいと思った」。静かな口調で熱い思いを語った。

 「彰さんのサッカー」とは―。16年から2年間、古巣で伊藤監督からコーチ、監督として指導を受けた。「(17年5月から指揮した)大宮の時よりは少し守備的なのかな。固い守備をベースにして、ゴールに向かっていく。取られたらすぐ取り返す。昔のバルサじゃないけれど、そうやってボールを保持しながら、とられた瞬間にすぐ切り替えて、もう1回ゴールを目指すサッカー」と捉えている。「今の自分にないものをさらに引き出してくれるかな、という期待もある。大宮ではやっていて楽しかった。このサッカーでJ1を戦いたい気持ちがあった」。

 主戦場はボランチと右MF。甲府ではボランチでの起用が想定されている。今季の攻撃の中核となる元J1得点王FWウタカ(34)=前徳島=は守備から攻撃へ切り替わる瞬間にボールを求める。「そういう選手は好きですね。僕が前を向いた瞬間に動き出してくれる選手は使いやすい」と歓迎した。

 ピッチを離れれば子煩悩な2児の父。「空いた時間は子どもと遊ぶとか、お風呂に入れたりします」。携帯のカバーには長男から貼られたというかわいらしいシールがある。「剥がしたら『ない!』って泣いちゃうんで貼りっぱなしです」と表情を崩す。

2児の父決意J2で優勝を 昨季、甲府はJ2で9位に沈んだ。「J2は年々レベルが上がっている。柏もいるし、去年より手ごわいチームが多いと感じる。J1昇格よりも、J2で優勝をしたい」と闘志を燃やしていた。(西村 國継)

 ◆横谷 繁(よこたに・しげる)1987年5月3日、兵庫・西宮市生まれ。31歳。G大阪ユースで育ち06年にトップチーム昇格。愛媛、京都を経て、15年から昨季まで大宮でプレー。今季、完全移籍で甲府入り。J通算275試合31得点。今年挑戦したいことはゴルフ。右利き。家族構成は妻と2子。178センチ、72キロ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請