馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 福島

傾向の変わるトライアル(栗東)

 こんにちは、山本です。今日も梅田の会社、しかも一人ぼっちのパッチパチです。さて、テニス前に仕上げたいので、早めに取りかかりましょう♪

 さて、自分は意外に神経質かもと思うことがあります。つい、先日のこと。結構な強行軍で新幹線に乗らないといけないことがありまして、そのことを記者仲間と話していると、「じゃあ、車内で爆睡ですね」と。しかし、実はワタクシ、新幹線の車内で寝れないんです。当ブログでも書いたかもしれませんが、随分と前に小倉で降車予定の新幹線に乗っていた時、お酒を飲んでいたせいか、広島を過ぎたあたりで「落ちた」んですよ。で、小倉の直前で起きて、慌てて降車した…。まではよかったんですが、何とキャリーバッグを車内に忘れてしまったのです。結果的に無事に「保護」され、手元に戻ってきたんですが、その頃から終点ではない駅で降りる新幹線では安眠できない体質になってしまって…。

 アルコールでも飲めばいいかもしれませんが、ワタクシ、一人で車内でグビグビというタイプではない。お酒はみんなで楽しくワイワイと騒ぐためのツールでございます。ということで、新幹線の中ではもっぱら読書かケータイ(今はスマホか)いじり。結局、今回も猛烈な眠さは感じつつ、寝過ごしをビビるがゆえか、全く寝ることなく、体の重さを感じつつ、2時間半ほど車内で揺られていたのであります。もっと、度胸のある人間になりたい!

 ということで、テニスの開始時間が迫ってきたので、そろそろ本題へ。今日もナマ情報はジュリアナ橋本記者からの提供が中心でございます。いつもすいませんねぇ。

 明日の京都5R。母に桜花賞馬のダンスインザムードを持つ【ダンスディライト(牡、父キングカメハメハ)】がデビュー2戦目を迎えます。初戦は取材の感触から正直、半信半疑の面もありましたが、馬群を割るような末脚で味のある3着。この内容に松永幹調教師も手応えを深めたようで、「初戦がいい内容だった。前向きさが徐々に出てきたが、ムキにならないところがいいね。2200メートルもいい」と話していたようです。ここは2戦目できっちり決めておきたいところですね。若駒Sで5着だった【リオンリオン(牡、父ルーラーシップ)】は放牧に出されるようです。

 東京9Rのセントポーリア賞には角居厩舎から【トーセンカンビーナ(牡、父ディープインパクト)】が出走します。あの初勝利の走りっぷりを見ると、現状での伸び悩みが信じられません。「前走は案外でしたが、競馬の前からテンションが高かくて、レースでハミをかんで伸びにつながらなかったです。中間はゲート練習を取り入れていますし、道中でためが利けば」と辻野助手は話しているようです。ここも素質馬ぞろいの一戦ですが、復活の走りとなるか。角居厩舎では母にウオッカを持つ【タニノミッション(牝、父Invincible Spirit)】が2月10日の東京平場、芝1400メートルをMデムーロJで予定しているとのこと。あと、若竹賞で3着だった【グラウディーヴァ(牝、父ハービンジャー)】は放牧に出される、とのことです。

 さて、角居厩舎でいえば、ホープフルSまで無傷3連勝中の【サートゥルナーリア(牡、父ロードカナロア)】が皐月賞まで直行することが発表されました。そして、同じく3歳牡馬路線では池江厩舎の【クラージュゲリエ(牡、父キングカメハメハ)】が共同通信杯に、武豊Jとのコンビで向かうことも決定したとのこと。ここで【アドマイヤマーズ(牡、父ダイワメジャー)】と激突ってことになりますよね。これね、今年は本当に2月戦線が熱くなりそうなんです。牝馬でもクイーンCで阪神JFの2、3着馬となる【クロノジェネシス(牝、父バゴ)】と【ビーチサンバ(牝、父クロフネ)】がクイーンCで激突しますよね。で、その翌日に行われる共同通信杯では重賞ウイナー2頭による戦いが行われます。2月9、10日の東京は本当に熱い!

 となるとですよ、逆にクラシック戦線の王道と言える報知杯弥生賞、牝馬ではチューリップ賞が例年よりは薄くなる、新興勢力の台頭する舞台になるのではと思ってしまいます。現状ではチューリップ賞に2歳女王の【ダノンファンタジー(牝、父ディープインパクト)】が出走予定ですが、他にパッと名前が思い浮かぶのは矢作厩舎の【ラヴズオンリーユー(牝、父ディープインパクト)】ぐらい。この2頭の走りは注目なんですが、例年のように有力馬が一堂に会するって感じではありません。また、弥生賞は【ニシノデイジー(牡、父ハービンジャー)】や【ラストドラフト(牡、父ノヴェリスト)】や【ブレイキングドーン(牡、父ヴィクトワールピサ)】が出走予定ですが、正直、3歳牡馬の上位2頭に比べると、現状では関脇や小結感が否めない。

 まっ、昨年はアーモンドアイが直行に近い形で次々とG1を制したりしましたし、トライアル重視の傾向も徐々に変わってくるのかもしれませんね。ということで、ネット限定「厳選馬」ですが、京都5Rの2ダンスディライトを。2戦目でしっかり決めます。で、馬券王への道 延長戦でございます。

京都9R・7タマモメイトウ(前走は直線で不利あり。スムーズにさばければ、直線で台頭する)

中京7R・13ミッドサマーハウス(使った上積み大。素質は十分)

中京10R・9モザイク(乗り難しいタイプだが、近2戦は力を出し切れていない)

東京10R・3エクセレントミスズ(ブリンカー着用で前につければしぶとさあり)

 今日はここまで。さぁ、テニスです! ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請