【DeNA】筒香、高校野球にも球数制限を!「大事なのは子どもたちの将来」

日本外国特派員協会で会見する筒香(左)
日本外国特派員協会で会見する筒香(左)

 DeNAの筒香嘉智外野手(27)が25日、都内の日本外国特派員協会で会見し、育成の現場における勝利至上主義からの脱却を主張。トーナメント制が肩肘を負傷する元凶と指摘し、高校野球における球数制限の導入を訴えた。

 過密日程の中で連投し、肩肘を痛める球児は後を絶たない。筒香はWBCでも球数制限に違和感は覚えなかったと語り「球数制限をすれば野球が面白くなくなる、待球作戦をするなどの声が上がっていますが、大事なのは子供たちの将来を考えること」と力を込めた。

 指導者のあり方についても言及。「日本全国の少子化より6倍から10倍のスピードで野球人口が減っている」と指摘し、その一因には指導者の罵声や暴言があると分析した。「子供たちはできないのが当たり前。指導者も頭の中を常にアップデートし、時代に即した指導を行う必要がある」と語った。

 「高校の部活に大きなお金が動いたり、教育の場と言いながらドラマのようなことを作ったりすることもある。新聞社が主催しているので、子供たちにとって良くないと思っている方がたくさんいても、なかなか思いを伝えられていないのが現状だと思う」とメディアの報じ方についても問題提起した。(加藤 弘士)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請