来月にも山口真帆らの公演再開…NGT48劇場で15日ぶり公演、新支配人謝罪

NGT48劇場でパフォーマンスする研究生たち
NGT48劇場でパフォーマンスする研究生たち
舞台で頭を下げる早川麻依子支配人
舞台で頭を下げる早川麻依子支配人

 メンバーの山口真帆(23)の暴行被害騒動で劇場公演を休演していた「NGT48」が25日、新潟市のNGT48劇場で研究生公演「『PARTYが始まるよ』~研究生の息吹を感じて!~」を行った。NGT劇場での公演は、山口が事件を謝罪した10日の夜公演以来15日ぶり。新支配人の早川麻依子氏(44)は山口ら正規メンバーの公演を2月中にも再開したい意向を示した。

 厳重に金属探知機で観客の持ち物検査を行い、約10分遅れで開始された。開演直前には早川氏が登壇し、「この度はお騒がせして申し訳ございませんでした。また、メンバーのみんなに不安を与えてしまい、心よりおわび申し上げます」。ファンとメンバーに対して深々と頭を下げた。

 9日に騒動が発覚し、10日に劇場で山口が謝罪して以降、正規メンバーは劇場の舞台に立てていない。正規メンバーの公演再開について、早川支配人は「メンバーの状況や周りの状況を見極めつつ、2月をめどに再開できたらと思います」と初めて言及した。

 正規メンバーの公演を再開するには、事件の真相究明が必要不可欠。早川氏は事件を調査する第三者委員会について「人選は済ませ、最終調整に入っております。来週頭には立ち上げをご案内できる」と説明。調査結果に関しては「皆様に開示する方向で話を進めております」と語った。

 公演終了時後、恒例のメンバーによるファンのお見送りは行われなかったが、出口には早川氏が立ち、ファン一人ひとりに頭を下げていた。

 ◆事件をめぐる経過

 ▼18年12月8日 午後9時頃、山口が自宅玄関に押しかけた男性2人から暴行を受け、翌日に新潟県警が2人を逮捕も不起訴処分に

 ▼19年1月9日 山口がツイッターで暴行の被害に遭ったことや、メンバーの関与があったことなどを告白

 ▼同10日 NGTの劇場3周年公演で山口が謝罪。運営は一部メンバーが帰宅時間を教えるなどの関与があったことを公表

 ▼同14日 運営会社「AKS」が会見し、今村悦朗支配人の退任を発表するとともに、運営幹部や新支配人が謝罪

 ▼同15日 劇場公演が中止になり、25日以降の公演が研究生公演に差し替えると発表

 ▼同22日 劇場での「お見送り」を当面の間休止することを発表

NGT48劇場でパフォーマンスする研究生たち
舞台で頭を下げる早川麻依子支配人
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請